プラセンタに副作用はあるの?

主に羊、馬、豚といった動物の胎盤から抽出しているプラセンタは女性に人気がある成分となっています。
化粧品やシャンプーなどにも含まれていますが、多くの人がプラセンタサプリメントを使用しています。
プラセンタサプリは直接体の中に入れるものとなっているので副作用があるかどうか必ず確認しておかなければなりません。
プラセンタの副作用について調べてみました。

体臭が気になるようになった

プラセンタを使う前は体臭がなかったのに、いきなり体臭が出てきた、ひどくなったというケースがあります。
もともとプラセンタは人間の胎盤にある成分でもあるので副作用はありません。
しかし、このような症状が現れるのにはプラセンタならではの効果の反動と言っても良いでしょう。
副作用という表現ではなく、瞑眩現象と呼ばれています。
プラセンタを服用することで基礎代謝が上がり、細胞や組織の働きが活性化するのです。
その反動として体臭がきつくなるという症状が挙げられます。

生理が早くなる・出血が多くなる

ホルモンバランスを整えてくれる力がプラセンタにはありますが、服用した時、あまりにもその力が強いため、生理の日が早くなったり、いつもより多く出血をする女性が多い傾向がみられます。
いつまでも続くと気になりますが、すぐにその現象は収まりますので安心して下さい。
いつまで経っても一向に改善されない場合は、そのプラセンタ商品が自分の体質に合っていない場合があります。
そのような際はすぐにプラセンタの使用をやめるようにして下さい。

ページトップへ