プラセンタ【栄養・成分】

胎児が産まれるまで成長する大事な胎盤から抽出される成分「プラセンタ」には、どのような栄養・成分が入っているのでしょうか。
なぜプラセンタが健康・美容、様々な病気を治癒することができるのかは、この栄養・成分に理由があるのです。

成長因子

プラセンタの主成分でもある成長因子は様々な種類があります。
インシュリン様成長因子、線維芽細胞増殖因子、神経細胞成長因子、上皮細胞増殖因子などなど成長因子に含まれています。
成長因子は、細胞の活性化・増殖をさせることができるたんぱく質になります。
この成長因子があるからこそ体調が改善され、基礎代謝が上がり、体の中にある機能がより活性化することになるのです。
プラセンタにとって必要不可欠な成分となっています。

アミノ酸

ロイシン、バリン、スレオニン、アラニン、アルギニンなど豊富なアミノ酸が含まれているのが特徴となっているプラセンタは、人間のエネルギー源となる成分が数多いです。
アミノ酸は特に欠かせない成分であり、なかなか吸収することができないアミノ酸をプラセンタを摂取することで取り入れることができます。
主にプラセンタの美容効果は、20種類以上にも及ぶアミノ酸から成り立っていると言えるでしょう。

ビタミン・ミネラル

アミノ酸と同じく、人間のエネルギー源として挙げられる成分です。
ビタミンは美容効果に大事な成分ですし、ミネラルは血液の流れを活性化し、健康的な体を維持し続けることができます。
五大栄養素の2つであるビタミンとミネラルが豊富に含まれているプラセンタは本当に優秀なものです。

ページトップへ